2012年05月14日

真琴つばさ 七人の敵がいる! あらすじ 32話

真琴つばさ 七人の敵がいる! あらすじ 32話

元宝塚トップスターの真琴つばさが、ドラマ初出演にして昼ドラの主人公を熱演!




昼ドラ 七人の敵がいる!〜ママたちのPTA奮闘記〜

放送は毎週月曜〜金曜 13:30〜14:00です。

さて、5月15日(火)放送の七人の敵がいる!〜ママたちのPTA奮闘記〜

どんな展開を迎えるのかあらすじ32話の紹介です。

夏祭りの件で、上条(小林幸子)に呼び出された陽子(真琴つばさ)とまどか(有森也実)。

陽子は上条から、まどかと二人で夏祭りを担当するよう命じられる。

陽子一人に任せてはいられない、と。その物言いにムカッとする陽子。

一方のまどかは担当に戻ることができ、ホッとしていた。  

当初こそ、面倒くさいと思っていた陽子だったが、祭りを楽しみにしている息子・陽介(笹原尚季)の姿に、次第に本気で取り組むようになる。

ところが編集部では、上司の水城(東てる美)が退職したため陽子の負担が増え、とある問題まで発生し…。

多忙な陽子の代わりに、張り切るまどかは去年通りに夏祭りの計画を進めようとする。

これで夫からの信頼も回復する!

そんな中、太郎(田宮五郎)は気に入った久美(小林綾子)を「議員事務所でアルバイトをお願いしたい」とまどかの目の前で誘う。

ホッとしたのもつかの間、まどかの心に嫉妬があふれ…。

加納朋子「七人の敵がいる」(集英社)


以上が、真琴つばさ 七人の敵がいる! あらすじ 32話の紹介でした。

七人の敵がいる!1週間のまとめたあらすじなら★七人の敵がいる! あらすじ 第7週★がおすすめです。


七人の敵がいる!詳しい情報なら★昼ドラ 七人の敵がいる! 完全攻略★がおすすめです。


★かつて東海テレビ・フジテレビ系列 昼ドラにはこんな名作があった!★




posted by ヨッコラショット at 15:35| Comment(0) | 真琴つばさ 七人の敵がいる! あらすじ 32話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

連続テレビ小説 梅ちゃん先生 あらすじ 38話

連続テレビ小説 梅ちゃん先生 あらすじ 38話

ダンスの次は、ロミオとジュリエット!

梅子(堀北真希)と松岡(高橋光臣)が急接近!

そんな中、姉・松子(ミムラ)や竹夫(小出恵介)を包む、悲しい恋の予感が・・・

結末はどうなる・・・!

堀北真希さんのお宝商品をヤフオクで発見!


連続テレビ小説 梅ちゃん先生 5月15日(火) 8時00分〜8時15分

いよいよ38話目の放送です。

朝の忙しい時間に見逃してしまった方は
★梅ちゃん先生 放送スケジュール★を参考に再放送でお楽しみください。

さて、物語はどんな展開を迎えるのか連続テレビ小説 梅ちゃん先生 あらすじ 38話の紹介です。

ある日、医専にダンスパーティーで知り合った中央医大の伊東(庄野崎謙)たちが「今度は、演劇を一緒に。

それも『ロミオとジュリエット』を」と梅子(堀北真希)たちを誘う。

伊東に、ほのかな思いを寄せていた雪子(黒川智花)は乗り気。

すでにジュリエット役を演じるつもりでいた。

行きがかり上、参加することになった梅子のもとに、松岡(高橋光臣)が折り入って相談があると訪ねてくる。

その相談とは…。

以上が、連続テレビ小説 梅ちゃん先生 あらすじ 38話の紹介でした。


1週間まとめたあらすじなら★梅ちゃん先生 あらすじ 第7週★がおすすめです。


また梅ちゃん先生の詳しい情報なら
★NHK 朝の連続テレビ小説 梅ちゃん先生 先取情報★
へどうぞ!


堀北真希さん贈呈モデル!大粒CZ&かわいいハートペンダント

(クリックすると楽天のページに行けます。)



★かつてNHK 朝の連続テレビ小説にはこんな名作があった!★


posted by ヨッコラショット at 14:55| Comment(0) | 連続テレビ小説 梅ちゃん先生 あらすじ 38話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

連続テレビ小説 梅ちゃん先生 あらすじ 第7週

連続テレビ小説 梅ちゃん先生 あらすじ 第7週

ダンスの次は、ロミオとジュリエット!

梅子(堀北真希)と松岡(高橋光臣)が急接近!

そんな中、姉・松子(ミムラ)や竹夫(小出恵介)を包む、悲しい恋の予感が・・・

結末はどうなる・・・!

堀北真希さんのお宝商品をヤフオクで発見!


毎週月曜〜土曜 8時00分〜8時15分放送の連続テレビ小説 梅ちゃん先生

いよいよ第7週目に入ります。

朝の忙しい時間に見逃してしまった方は
★朝ドラ 梅ちゃん先生 放送スケジュール★を参考に再放送でお楽しみください。

さて、今週はどんな展開を迎えるのか連続テレビ小説 梅ちゃん先生 あらすじ 第7週の紹介です。

『月』松岡(高橋光臣)が時折、下村家にやって来ては、医学について建造(高橋克実)に尋ねるようになっていた。

その礼として、梅子(堀北真希)は松岡に勉強を見てもらう。

『火』ダンスパーティーの一件で仲良くなった梅子と松岡たちが今度は「ロミオとジュリエット」を公演することになる。

雪子(黒川智花)はジュリエット役に立候補する。

『水』松子(ミムラ)は、ほのかな思いを抱いていた会社の同僚・真田(平岳大)から新潟に転勤することを聞き、心が揺れる。

『木』弥生(徳永えり)もジュリエットをやると宣言し、雪子と対立する。

一方、建造は闇米を拒否して餓死した判事の記事を読み、今後、配給米だけを食べると言いだす。

『金』ジュリエット役は、演劇の経験がある弥生に決まる。

しかし、ロミオをやることになっていた伊東(庄野崎謙)に婚約者がいることが分かり、弥生と雪子は落胆する。

『土』あかね(宇野実彩子)が結婚することになる。

ひそかに彼女に思いを寄せていた竹夫(小出恵介)は、ショックを隠し切れない。

以上が、連続テレビ小説 梅ちゃん先生 あらすじ 第7週の紹介でした。


また梅ちゃん先生の詳しい情報なら
★朝ドラ 梅ちゃん先生 完全攻略★へどうぞ!


堀北真希さん贈呈モデル!大粒CZ&かわいいハートペンダント

(クリックすると楽天のページに行けます。)



★かつてNHK 朝の連続テレビ小説にはこんな名作があった!★



posted by ヨッコラショット at 01:46| Comment(0) | 梅ちゃん先生 あらすじ 第7週 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。